ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

ホイアンの記事一覧

世界遺産ホイアンの「チャンフー通り」を歩く

2017年08月18日(金)

世界遺産ホイアンのメインストリートである「チャンフー通り」。ただただ歩くだけでも景観を楽しむことができますし、左右を見渡せば、旧家や博物館など名所も多々見ることができます。今回はチャンフー通りを歩いてみました。

ホイアンの旧家。最初に文化遺産登録された「進記家」

2017年06月06日(火)

1999年にユネスコ世界遺産に正式登録されたホイアンの町並み。文化保護の歴史はもう少し以前にさかのぼり、1985年にベトナム文化省がこの進記家を文化遺産登録したのがすべてのはじまり。今回は「進記家」をご紹介します。

世界遺産の町並みを愛で、伝統料理を頬張る。レストラン「カーゴクラブ」

2017年06月05日(月)

世界遺産ホイアンの町角。そこに建つレストラン「カーゴクラブ」は、ホイアンの伝統料理を楽しめる旅行者に人気のお店グエンタイホック通りという歴史保護地区の真ん中にあり、2階のテラス席から見る景色に心癒されることができます。ホイアン散策の道中に立ち寄ってみてください。

子連れファミリーで行くベストエリア「ホイアン」

2017年03月10日(金)

小さな子供連れの家族旅行でベトナムを選んだ旅行者に是非足を運んでほしいのが「ホイアン」。世界遺産にも登録されている貴重な文化遺産の町です。歴史を知り、文化を体験し、おいしい食べ物を堪能する。観光客参加型の観光スポットがたくさんある魅力的なホイアンの楽しみ方をご紹介します。

最低これだけは行こう!世界遺産ホイアン5つの建築物

2016年12月04日(日)

世界遺産のホイアンには、貴重な文化遺産として登録された建築物(民家やお寺、集会所)が市街地に点在しています。すべてを行くのはかなり時間がかかりますので、今回は最低でもこれだけは行ってほしい5つの建築物をご紹介します。

日本とホイアンの繋がりを知る。「ホイアン歴史文化博物館」

2016年12月03日(土)

ホイアン歴史博物館は、もともとお寺だったところを改装してできた博物館です。海のシルクロードと呼ばれていた時代に沈没した船から引き揚げた貴重な品々が展示。中でもメインとして紹介されているのは、日本船の出土品や、当時ホイアンと日本の繋がり。日本人ならば必ず訪れてほしい博物館の一つです。

ホイアン旅行者は是非!オーダーメイドも生地の調達も「ホイアン布市場」で

2016年10月30日(日)

世界遺産のホイアン旅行者は是非足を運んでほしい「ホイアン布市場」。生地を扱う店が数十と並んでいて、いずれの店で生地の調達からオーダーメイドまでできます。店によって特徴も違うので、一軒一軒吟味してみるのがいいでしょう。

ホイアン伝統の木彫りと陶磁器の村を見学

2016年10月28日(金)

ベトナム中部、世界遺産のホイアンの町から高速ボートで対岸へ。古くから続く木彫りと陶磁器の村へ到着します。村人のほとんどが何かしら木彫りもしくは陶磁器の仕事に従事ていて、ここで生産されるものは各地のショップに卸されます。ここでは素朴な村と実際の作業現場を観光することができます。

ホイアンに来たら訪れるべきスポット ベスト10

2016年07月12日(火)

近年日本人旅行者に注目されている中部旅行。中でもホイアンはダナン空港から近く、また遡れば日本ともゆかりがあることから、日本人旅行者も年々増えています。そこで、ホイアンの歴史市街地にはどんな観光スポットがあるのか。10個の観光スポットをご紹介します。

ここを押さえておけばホイアン観光は満喫できる!3つの通りを紹介

2016年06月21日(火)

世界遺産ホイアンの町。歴史保護地区内を隈なく歩くと、それだけでばててしまいます。ホイアン観光ではのんびりとした時間を楽しんでほしいところ。そこで、今回は気ままに散策するにうってつけの、3つのメインストリートを歩いてみましょう。

著者プロフィール

著者写真

ペンネーム: サイゴンの便り
学生時代にベトナムの民話と民族を研究して以来、毎年一回はベトナム旅行を楽しむように。そして、2011年に念願だったベトナムへの移住が決定。現在はトラベルライターとして、ベトナム各地の観光情報を読者にお届けしています。旅行者が寄り付かないようなローカルエリアに住んでいるので、毎日のんびりとした素朴な時間をおくっています。趣味はバドミントン。
  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!