ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

ダナンの記事一覧

2017年7月に行くビーチリゾートならココ!「ダナン」

2017年07月06日(木)

2017年も経済は円安傾向に向かっていることから、海外旅行となると物価安のアジアが人気。その中でも7月旅行でベトナムを選ぶのであれば、おすすめのエリアはダナン。日本では夏に相当する7月。身も心も開放できるビーチリゾートを満喫して行ってください。

ダナンの夜はバクダン通りを歩こう

2016年12月16日(金)

ベトナム第三の都市と呼ばれる中部ダナン。近年は観光開発が進んだことによって、ダナンに滞在する旅行者も増えてきました。ダナンの夜は、メインストリートであるバクダン通りを散歩してみてください。夜風に吹かれてベトナムらしく、港町らしいひとときを満喫することができます。

港町ダナンの香りをお届け!「ハン市場」

2016年04月12日(火)

ダナンにはコン市場とハン市場の2大市場がありますが、今回紹介するのは、観光客向けのハン市場。2階建ての屋内市場で、ハン川沿いという好立地から、外国人旅行客にとっての観光名所にもなっています。港町のダナンらしさを感じるハン市場をご紹介。

プール&スパ付が魅力!「フュージョンマイアダナン」

2016年02月12日(金)

ダナンで最高品質と名高いファイブスターホテル「フュージョンマイアダナン」。全室客室にプールがついて、滞在中はスパを無料で体験できるなんとも贅沢なひとときを過ごすことができます。ラグジュアリーホテルの代名詞ともいえるインフィニティプールもある最高級のホテルを紹介します。

ダナン名物の「五行山」に登る

2016年02月02日(火)

ダナンからホイアンへ行く道中に聳え立つ五行山。6つの連山で構成され、観光スポットとして登山できるのは水山のみ。かつては一大大理石産地だったことから、現在でもマーブルマウンテンと呼ばれる五行山に登ってみたいと思います。

ダナン国際空港から市内までのアクセス方法

2015年12月11日(金)

2014年にダナン国際空港と成田空港に直行便ができてから、なんと利用率は前年比450%増。ベトナム第三の都市ダナンは、近年リゾート開発が進む港町で、慌ただしい喧騒から逃れたい旅行者におすすめ。今回はダナン国際空港から市内のアクセス方法はもとより、市内の移動手段も解説します。

プールからパノラマで海を見渡す。「ビンパール・ダナン・リゾート&ヴィラズ」

2015年11月03日(火)

ダナン中心市街地から少し南下すると、ノンヌォックビーチがあります。そこに建つ最上級のホスピタリティを漏れなく提供するリゾートホテルが「ビンパール・ダナン・リゾート&ヴィラズ」。プールから見渡せる360度の海は南国を感じさせてくれます。極上の5つ星リゾートホテルの魅力を紹介します。

チャンパ王国の博物館「チャム彫刻博物館」

2015年10月02日(金)

ダナン中心市街地にあるチャム彫刻博物館は、チャンパ王国の歴史や文化、習慣を紐解く上で重要な博物館です。中部、中南部から出土したチャンパ王国の遺産を展示しており、中には世界遺産のミーソン遺跡で発掘した貴重な像もあります。特にミーソン遺跡へ向かう方は、その前にこちらに立ち寄って、チャンパ王国について少しでも学習しておくことをおすすめします。

中部最大の都市「ダナン」の概要

2015年09月29日(火)

中部地方のダナンは、近年著しい発展をみせ、ハノイとホーチミンに次ぐベトナム第三の都市とみなされています。もともと漁港と交易の町だったのですが、ホイアン、フエ、ミーソンといった世界遺産の町とも近いため、現在では観光資源を活かした町の活性化がされています。今回はダナンの概要をご紹介します。

著者プロフィール

著者写真

ペンネーム: サイゴンの便り
学生時代にベトナムの民話と民族を研究して以来、毎年一回はベトナム旅行を楽しむように。そして、2011年に念願だったベトナムへの移住が決定。現在はトラベルライターとして、ベトナム各地の観光情報を読者にお届けしています。旅行者が寄り付かないようなローカルエリアに住んでいるので、毎日のんびりとした素朴な時間をおくっています。趣味はバドミントン。
  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!