ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

遺跡の記事一覧

何度来ても新しい発見。世界遺産「アンコールワット」

2017年06月24日(土)

いまではアジアを象徴する世界遺産「アンコールワット」。12世紀初頭に建造されたヒンズー教の寺院は、中央祠堂を中心に第3回廊によって囲まれていて、壁面を埋めるレリーフやヒンズー神話に登場する数々の神の像などが見どころ。建築学的にも考慮されていて、世界中の考古学者によって注目されています。今回はアンコールワットを歩いてみました。

ワットよりも大きい!古の巨大都市「アンコールトム」

2017年06月19日(月)

アンコールワットの建造から半年後に作られた古の都「アンコールトム」。王宮をはじめ、幾多の寺院から構成される巨大な遺跡群で、見ごたえはアンコールワットと同等以上。今回はアンコールトムの概要と見学できる遺跡をご紹介します。

アンコールトムに築かれた王宮。「王宮」、「象のテラス」、「ライ王のテラス」

2017年06月17日(土)

アンコールトムの北方。バイヨンから観光をはじめ、数々の遺跡を見学した後半の部となる3つ。かつて王が暮らしていたとされる王宮跡地と、王族が閲兵の際に利用したとされる2つのテラスが見どころ。

アンコールトムの2つの寺院「バプーオン」と「ピミアナカス」

2017年06月16日(金)

世界遺産アンコール遺跡群の中でも取り分けで存在感を放っているアンコールトム。複数の遺跡群で構成されるトムの中でも、バイヨンに続く荘厳の風景を愛でることができる2つの寺院「バプーオン」と「ピミアナカス」をご紹介します。

アンコール建築の最高建築に触れる「バイヨン」

2017年06月15日(木)

アンコールワットと並ぶ2大世界遺産の一つのアンコールトム。複数の遺跡群で構成されるトムの中の「バイヨン」は、アンコール王朝の最盛期にできたことから、遺跡群の中で最も建築技術に優れているとも言われています。今回は「バイヨン」の魅力をご紹介します。

息を呑むほど美しい。アンコールワットで朝日鑑賞を

2017年06月14日(水)

世界遺産アンコールワットの朝日鑑賞は、どこの旅行会社も取り扱っている王道ツアーの一つ。早朝の6時前には敷地内に入る必要があるので早起きは必須ですが、それに見合う以上の価値あるサンライズを愛でることができます。今回はアンコールワットの朝日鑑賞に参加してみました。

著者プロフィール

著者写真

ペンネーム: サイゴンの便り
学生時代にベトナムの民話と民族を研究して以来、毎年一回はベトナム旅行を楽しむように。そして、2011年に念願だったベトナムへの移住が決定。現在はトラベルライターとして、ベトナム各地の観光情報を読者にお届けしています。旅行者が寄り付かないようなローカルエリアに住んでいるので、毎日のんびりとした素朴な時間をおくっています。趣味はバドミントン。
  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!