1. ホーム
  2.  > ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)
  3.  > 山小屋チックなレストラン「マウンテンリトリート」
ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

山小屋チックなレストラン「マウンテンリトリート」

「ベトナム料理を眺めのいいレストランで食べたい!」、そんな旅行者の願いを叶えてくれるのが、今回紹介する「マウンテンリトリート」です。ベトナムで近年流行っているルーフトップのレストランですが、単なる屋上レストランというだけではなく、内装にコンセプトを持ったこだわりのお店となっています。一味違う雰囲気は、ベトナムらしさたっぷり!

今回は「マウンテンリトリート」をご紹介します。

アクセス

IMG_3847.jpgらせん階段を上がっていくと......

今回紹介するマウンテンリトリートのあるレロイ通りは、グエンフエ通りからベンタイン市場を繋ぐ大通り。2017年現在は地下鉄メトロの工事中で車両はレロイ通りからグエンフエ通りに行くことはできませんが、歩行者は可能です。ドンコイエリアで買い物をしたあと、グエンフエ通りを歩き、レロイ通りに出るのがいいでしょう。同店はレロイ通りから一本路地に入ったところの右手にある古アパートの屋上。タカプラザというファッションプラザがある路地ですので、それほど場所に迷うこともないでしょう。建物内はエレベーターがないので、屋上まで歩かなければならないのが多少難点。

山小屋のような雰囲気!「マウンテンリトリート」

IMG_3898.jpgⒸMountainretreat

「マウンテン」は山。ではリトリートは?ピンとこない方も多いかと思いますが、これは"癒し"、"静かに暮らす"といった意味合いがあります。最近はこのような料理以外の雰囲気であったり、装飾であったりといった見た目にコンセプトを持つレストランが増えてきました。マウンテンリトリートはその幾多あるこだわりレストランの中でもワンランク上。細部にいたるまでオーナーのこだわりをうかがうことができます。

IMG_3925.jpg温かみが感じられる内装

同店は屋内席とオープンエア席からなるルーフトップレストラン。いずれもテーブル席は木造で、椅子は丸太というのがなんとも自然を感じます。実は屋内席は山小屋というイメージだけではなく、山岳に暮らす少数民族の家屋を再現したものとなります。さりげなく敷かれているテーブルクロスは、本物の少数民族の衣装生地を素材に作っています。

IMG_3879.jpg手で触ってみて、その不思議な感触を確かめてみて

また、壁は山岳民族の家屋で利用されている土壁を再現。穴は通気孔で、こちらも実際に再現しています。土壁は日本でも昔使われていた建築様式ですね。年間を通して湿度と温度を一定に保つことができ、なおかつホコリが少なく、食べ物の腐敗進行も遅いと言われています。自給自足を迫られる彼らにとっては、意外と理にかなっている建築様式といえるでしょう。店内席ではこのように洞穴気分で食事をすることができます。

IMG_3891.jpgこれでもホーチミンシティのど真ん中にある

一方屋外席も御覧のように木造のベンチとテーブルチェアが配置されています。レロイ通りという場所柄、ここから見渡せる風景は都会のビル群。自分がいまホーチミンの中心にいるということを思い出させてくれます。しかし、それでいて自然の温もりを感じ、静かな野鳥の音が聞こえてくると、ここが素朴な田舎や山の麓にある気分になるから不思議です。

11179976_10204960810914849_8777387049986460369_n.jpg空が紫色に変わる時分がちょうどいい

昼間は山岳の癒しを感じながら都会の風景を眺めるというギャップを楽しむことができ、夜は雰囲気は一転してロマンティックになります。橙の間接照明が等間隔に灯り、薄暗い外の空間でとる食事もまた格別です。屋外席の方が屋内よりも席数が多く、夜はやはりこちらが人気。

じっくりと味わいたい、素朴なベトナム料理

1.jpgポメロサラダ 85,000d

同店で食べられる料理は素材を活かした素朴系の料理が主で、余計な現代風の調理法を用いないのが特徴。北部と南部料理を中心に扱っていて、一部郷土料理や屋台料理などもあります。写真上のこちらはポメロサラダ。家庭でもよく食べる大衆料理の王道です。ポメロは日本ではまったくといっていいほど見かけませんが、味は酸味のないグレープフルーツといったところ。もちろんそのまま食べてもおいしいですが、ベトナム人は味にアクセントをつけるため、塩唐辛子をふりかけて食べることが多いです。

C58A7540.jpg揚げ春巻き 85,000d

日本でもよく食べられている揚げ春巻き。ベトナムの名物料理の一つでもありますし、生春巻きと併せて試食していってほしい料理です。ここで食べられる揚げ春巻きは網の目状のライスペーパーで具を巻いています。網の目の方が余分な油を吸収しなく、からりと揚がるので食感がサクサクで美味。お土産でも売っているので、揚げ春巻きとして使いたい方はこちらがおすすめです。ツケダレはヌクチャムと呼ばれるヌクマムベースの甘辛タレ。

C58A7520.jpgバンチャンヌン 75,000d

山岳高原地帯のダラットという町で生まれたのが、こちらのバンチャンヌンと呼ばれる料理。ライスペーパーを網で焼くと煎餅のようにぱりぱりになります。その上にマーガリンを塗り、各種食材を散りばめて完成。食材はでんぶや干しエビ、刻みネギなどさまざまです。もともとダラットのとあるお店で売っていたのがはじまりだったようですが、現在ではハノイからホーチミンまでどこでも食べることができる屋台料理の一つになっています。

日本ではあまり見られないルーフトップレストラン。ベトナム旅行の際は、絶対に1度は行ってみてください。きっと充実した時間を満喫することができるはずです。

<DATA>

名称:マウンテンリトリート(Mountain Retreat)
住所:36 Le Loi St.Dist.1
営業時間:8:00~15:00、17:00~23:00

著者プロフィール

著者写真

ペンネーム: サイゴンの便り
学生時代にベトナムの民話と民族を研究して以来、毎年一回はベトナム旅行を楽しむように。そして、2011年に念願だったベトナムへの移住が決定。現在はトラベルライターとして、ベトナム各地の観光情報を読者にお届けしています。旅行者が寄り付かないようなローカルエリアに住んでいるので、毎日のんびりとした素朴な時間をおくっています。趣味はバドミントン。
  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!