ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

2017年7月の記事一覧

ベトナムコーヒーの進化を体験!カフェ「シンコーヒー」

2017年07月31日(月)

ベトナムといえばコーヒーをイメージする人も。フランス統治時代に持ち込まれたコーヒー文化は現在ではすっかりとベトナムの名物になっています。今回はおいしいコーヒーを飲めるカフェ「シンコーヒー」をご紹介。路上から生まれたコーヒーもこんなに発展しています。

麺がおいしい!老舗食堂「バックヒエン」

2017年07月29日(土)

昔ながらのベトナム食堂は、都会では徐々に減少傾向にあります。しかし、今回紹介する「バックヒエン食堂」はショッピングセンターやブティックショップの傍らで日夜営業している老舗。昼過ぎになると売り切れてしまうので、午前中に行くのがベスト。今回は「バックヒエン」を紹介します。

北部名物が人気の路地裏食堂「ブンダウゴーニョーフォーニョー」

2017年07月28日(金)

ホーチミンの1区中心にあるパスター通りの一角。路地を入った先には毎日多くの現地人で賑わう人気食堂があります。そこで食べられるのは北部の名物料理。今回は「ブンダウゴーニョーフォーニョー」を紹介します。

ベトナミーズハンドメイド&アンティークのお店「ティミ」

2017年07月27日(木)

近年はベトナム雑貨もオリジナリティが増えてきました。雑貨店「ティミ」もその1つ。洋服、アクセサリーすべてがハンドメイド。そして欧州各国から輸入したアンティーク雑貨も人気。今回は雑貨店「ティミ」をご紹介します。

バインミーも人気の大衆食堂「ニューラン」

2017年07月26日(水)

現地人が足繫く行く大衆食堂。どうせなら旅行者も体験してみたいものですね。そこで今回は外国人も多く訪れる人気の食堂「ニューラン」をご紹介します。

もっちりお米の鶏肉のせが絶品!「ソイガー・ナンバーワン」

2017年07月25日(火)

ベトナムのB級グルメで日本人の間でも人気なのがソイガー。鶏肉を添えたおこわ料理で、こちらもベトナムを代表する皿飯。今回はホーチミン市内でソイガーを食べるならおすすめの食堂「ソイガー・ナンバーワン」をご紹介します。

お洒落ブランド"アーマイ"を扱う雑貨店「サデックディストリクト」

2017年07月24日(月)

近年ベトナムの雑貨も大分様変わりしてきました。伝統細工が多かった一方、現在では、モダンなデザインやオリジナリティ溢れるアーティスティックな雑貨アイテムが増えてきたように思えます。今回はホーチミンで人気を博している雑貨店「サデックディストリクト」をご紹介します。

自社工房で作る伝統細工が人気。「オーセンティックホーム」

2017年07月22日(土)

ホーチミンの雑貨通りであるドンコイエリア内に店舗を構える雑貨店。ベトナムの伝統手工芸品である刺繍と陶磁器を専門として扱い、その品質は折り紙付き。観光客のお土産用以外にも、国内外のレストランや各種お店で取り扱いたいという依頼が殺到しているとのこと。今回は上質な工芸品をうりにする「オーセンティックホーム」をご紹介します。

ラグジュアリーなカフェでコーヒーブレイクを。「ルナム」

2017年07月21日(金)

お洒落なカフェ巡りをしたければ、ハノイよりホーチミンが向いています。ホーチミンの市内中心には数えきれないほどのカフェがあります。今回紹介するのは、その中でもラグジュアリーな内装を持つ高級カフェ「ルナム」。上品な時間をここで満喫していってください。

今年も行ってきました「Feel Japan 2017」

2017年07月20日(木)

毎年開催されているフィールジャパン。日本のカルチャーを紹介しているベトナム情報誌キララが主催の他、数多くの日系企業が協賛している日越友好のイベント。今回は「フィールジャパン2017」の模様をお届けします。

著者プロフィール

著者写真

ペンネーム: サイゴンの便り
学生時代にベトナムの民話と民族を研究して以来、毎年一回はベトナム旅行を楽しむように。そして、2011年に念願だったベトナムへの移住が決定。現在はトラベルライターとして、ベトナム各地の観光情報を読者にお届けしています。旅行者が寄り付かないようなローカルエリアに住んでいるので、毎日のんびりとした素朴な時間をおくっています。趣味はバドミントン。
  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!