ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

2016年6月の記事一覧

チョコ好きは必見!マルゥチョコレートカフェ

2016年06月29日(水)

ベトナム発の高級チョコレートの「マルゥ」ブランド。その直営カフェがホーチミンの中心にオープンしました。日本でも近年ブームの兆しがみられる高級チョコをマルゥのカフェで思う存分楽しみましょう。お土産もここがおすすめです。

絶品!現地で食べるべきフエ料理 7選

2016年06月28日(火)

かつてベトナム最後の王朝が置かれていたフエ。現在もその名残は町のいたるところで感じることができます。今回はフエ観光で押さえておくべきフエ郷土料理を紹介します。ベトナムの名物料理と併せて食べておいてください。

雄大な敷地は皇帝歴代NO.1、フエの「ミンマン帝廟」

2016年06月27日(月)

フエに政権を樹立した初代ザーロン皇帝の第4子となるミンマン帝。ベトナム最後の王朝と呼ばれる阮朝時代の本格的な幕開けとなる重要な役者。今回は世界遺産ミンマン帝廟をご案内します。

フエの阮朝4代目が築いた「トゥドゥック帝廟」

2016年06月24日(金)

1802年から1945年まで全13代皇帝によって築かれた阮朝時代。その4代皇帝を務めたトゥドゥック帝時代に創られた建築物。こちらも世界遺産に登録されていて、ツアーで回る定番の名所となっています。他の名所とは異なり、静かな保養地のような場所です。

世界遺産フエの建築物12代皇帝「カイディン帝陵」

2016年06月23日(木)

全13代にわたって続いた古都フエの阮朝時代。その12代皇帝カイディン帝陵はユネスコ世界遺産に登録された、建築物群の一つです。フランスに感化された、その華々しい装飾と時代背景をご紹介します。

ここを押さえておけばホイアン観光は満喫できる!3つの通りを紹介

2016年06月21日(火)

世界遺産ホイアンの町。歴史保護地区内を隈なく歩くと、それだけでばててしまいます。ホイアン観光ではのんびりとした時間を楽しんでほしいところ。そこで、今回は気ままに散策するにうってつけの、3つのメインストリートを歩いてみましょう。

古都フエの最大名所「阮朝王宮」

2016年06月20日(月)

ベトナム最後の王朝があったフエは、1802年から1945年までグエン(阮)王朝が政権を握っていました。その歴代皇帝が居住していた阮朝王宮は、ベトナムで最初に登録されたユネスコ世界遺産でもあります。今回は、その王宮内部をご紹介します。

中世フランスの町並みを再現。テーマパーク型「バナヒルズ」

2016年06月17日(金)

ダナン郊外の山の麓に突如出現した大型テーマパーク「バナヒルズ」。中世フランスの町並みが再現された小さな町中を散歩することができます。また、子供から大人まで楽しめるアトラクションを用意した「ファンタジーパーク」も期待大です。

ニャチャンの夜の楽しみ方

2016年06月15日(水)

中南部ニャチャンは外国人が押し寄せる一大リゾートエリア。そのニャチャンの夜の過ごし方はもうお決まりですか。ビーチリゾートらしいおすすめの時間の過ごし方をご紹介したいと思います。

チョロン観光はここに行くべき!観光エリア周辺の仏教寺院

2016年06月13日(月)

チョロン観光を計画する際は、今回紹介する仏教寺院をいくつかピックアップしてみてはいかがでしょうか。いずれもチョロンに暮らす華僑の人々に親しまれている寺院や會館なので、日本のお寺とは雰囲気も見た目も違います。仏教寺通の人い愛される寺院をご紹介します。

著者プロフィール

著者写真

ペンネーム: サイゴンの便り
学生時代にベトナムの民話と民族を研究して以来、毎年一回はベトナム旅行を楽しむように。そして、2011年に念願だったベトナムへの移住が決定。現在はトラベルライターとして、ベトナム各地の観光情報を読者にお届けしています。旅行者が寄り付かないようなローカルエリアに住んでいるので、毎日のんびりとした素朴な時間をおくっています。趣味はバドミントン。
  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!